×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

宮城・東京 NPO 絵本で笑顔を!プロジェクト

がんばれ 東北

携帯用ページはこちら

2011/3/17 より配信 


子どもの心のケア(PTSDの理解とその予防)をお母さん、お父さん、保護者と一緒に。

~経験ある協力者を求めております~ 

『子供たちに、絵本で笑顔を!プロジェクト』 

宮城県仙台市青葉区霊屋下5-22 B1 (東京都清瀬市中清戸2丁目636-71)

杉本 篤信 すぎもと あつのぶ

 この度の「東北関東大地震」により、被害を受けられたみなさまに、心からお見舞い申し上げます。
犠牲になられた方々とご遺族のみなさまに対し、深くお悔やみを申し上げるとともに、みなさまの安全と、一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 私たちは、被災地の子どもの心のケアの重要性を痛感しています。
また、ケアを行う、子どもを持つ保護者の心のケアも同様と考えています。

 私たちが支援していたNPO法人地球の楽好の事務所のある『夢メッセみやぎ』は数百人の犠牲者を出してしまった場所です。
震災の当事者であり、そして、子どもの健全育成を目的としていた、地球の楽好や被災者を支援することを使命として、
一日も早く、子どもの笑顔を取り戻すための様々な支援活動を行って参りました。

また、阪神・淡路大震災での支援経験のある方の助言をいただき活動を続けて参ります。

 

---保管場所移転のお知らせ---

絵本保管場所だった「夢メッセみやぎ」は2013年まで改築工事に入りました。
震災発生の2011年3月11日以降は
一般の立入が禁止されておりましたが、
支援物資の保管場所として許可をいただき使用しておりました。

伴いまして、絵本を含む支援物資は5/20を以て一旦受付を中止させていただきました。
「絵本で笑顔を!プロジェクト」は引き続き活動を予定しております。
大切に保管していた絵本は再び必要とされる日まで、そのままお持ちください。
3次募集は新たな方法で出来るだけ早く再開すべく準備中です。
可能な方はどうぞ大切に保管しておいていただけるようお願いいたします。

             ☆全国で保管・仕分けをしていただける方を探しています。


---9月 東京都内 活動報告会の予定---

9月中に 第三回 活動報告会を行う予定です。
ゲストとして地球の楽好 理事長 千葉様、ボランティア主要メンバーをお呼びして
今後の活動方針と今までの詳細な活動報告を予定しております。

~予定~
一部:11:30~13:30 絵本収集のお礼と活動のご報告(座談会形式)
二部:18:00~20:00 被災地からのお願いと活動報告会
2時間(途中入退出可) 

飯田橋ボランティアセンターでの開催を予定しています。
参加をご希望される方は、事前にお申し込みください。
メールタイトルに【9月報告会参加希望】とお書きください。
詳細を御案内させていただきます。

lovefuntheearth@gmail.com

 



 



支援のキッカケとなった、アクティブマザーズコミュニティ有限会社 社長 佐藤社長からのメールを抜粋

略・・・事務所のあたりまで津波がきましたので、

のまれていく人を助けられなかったり、

目の前で・・・略・・・精神的ダメージが強いです。

なんとかしてあげられないものでしょうか~


 『子どもたちに、絵本で笑顔を!プロジェクト』 バナーをクリック!!

 『 子供たちに、絵本で笑顔をプロジェクト 』 NPO地球の楽好(がっこう)

仙台へ個人で援助物資をお持ちくださる方へ

感謝して受け入れし、責任をもって頒布します。
絵本など、こども向けを優先させていただいております。

受付:「NPO法人 地球の楽好」杉本宛までお送りください。

準備が整い次第、ご案内致します。改装工事のため、2次締切り 5/20必着

物資一時保管先:仙台市宮城野区港3丁目1-7 夢メッセみやぎ会議棟 2階

 

■仙台でボランティア活動を希望される方へ

受け入れのご相談を承ります。
こどもの心のケアの活動を優先して受付しております。
その他、皆様のお力をお貸しください。

受付:事前にお打合せの上「NPO地球の楽好」までお越しください。
仙台市宮城野区港3丁目1-7 夢メッセみやぎ会議棟 2階

PCよりメールでお問い合わせください。

 

■『障がい児余暇支援ボランティア派遣』プロジェクト

※協力者様からのご連絡をお待ちしています。

メール
lovefuntheearth@gmail.com

Twitter

ehon_project
sugisky

Twitter bot kodomono_care

動画 youtube sugiskyで検索

SNS mixi等 sugiskyで検索
 

 

NPO法人地球の楽好 と アクティブマザーズコミュニティー(AMC)有限会社

AMCは子育てをテーマに出版やイベント運営を行なっておりました社会事業会社です。
AMC地球の楽好レーベルでの出版や地球の楽好の名称での国立公園での子ども向けイベントを行っておりました。
地球の楽好は
元々複数県での活動を予定しておりましたが、2010年12月24日に宮城県単独で認可を受けました。

そして、これから・・・

私、杉本篤信は2006年設立発起人の一人としてNPO法人地球の楽好準備設立総会に参加、出資。
その後、一旦は別々の道を歩んでおりましたが、震災後の支援で理事として、
首都圏担当の神奈川県在住の林理事・ボランティアリレーション及び震災支援担当の上田さんと共に
寝食を忘れ、ひたすら支援活動に没頭して積極的に参加致しました。

震災発生から5ヶ月を機に『あるべき支援』を真剣に考えるようになり、今までの「共にがんばろう」から「今までありがとう」に変えて、
継続可能で共に助け合う社会の構築を目指して、子どもの健全育成とオープンな支援活動を継続して行って参ります。

今後とも変わらぬご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

AMC地球の楽好 編
みやぎ まるごとガイドブック

 

 

~心のケア 関連資料~

日本小児科学会 
http://jpa.umin.jp/kokoro.html
PTSDに関するリーフレット

文科省
http://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/kokoro/index.htm
子どもの心のケアのための(PTSDの理解とその予防)保護者向けリーフレットについて
一括ダウンロードPDF:1,570KB)

ユニセフ
http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2011_0311.htm
「家庭でできる心のケアのヒント」

日本トラウマティック・ストレス学会 
http://www.jstss.org/wptsd/index.html
PTSDとは

自分で「治す」 さまざまな治療法を紹介。【パッチ・ワールド公式サイト】
http://www.patch-world.net/
バタフライハグ ひとりで出来る方法
http://www.patch-world.net/t59.html

子どもなら、だれでも、どんな、はなしでも、オーケー。
チャイルドライン 0120-99-7777
http://www.childline.or.jp/supporter/aki/freedial.html

チャイルドラインは18才までの子どもがかける電話 どんな話でもオーケー!

「チャイルドライン? ん、それ何?」日本では、まだまだ聞きなれないこの名称、発祥はヨーロッパ。子どもの声に耳を傾ける電話、チャイルドラインはたとえばイギリスではその電話番号を知らない子どもはいません。

 毎週月曜日~土曜日 ごご4時~ごご9時
※栃木県、埼玉県、東京都、山梨県、愛知県では日曜日もかけられます。
※12月29日~1月3日はお休み
電話番号: 0120-99-7777
(通話料無料/携帯・PHS からも無料です)
対象: 全国の18歳までの子ども